たからもの

TAKARAMONO

いながわ亜美

AMI INAGAWA

上映時間 : 15.1min

制作年 : 2019


テレビ番組のディレクターである森子は取材で鎌倉市にある極楽寺駅に降り立った。
そこで長年暮らす老婆、一枝にインタビューをするためだ。
番組のコンセプトは『人生の宝物』を発掘すること。
そう伝えると、一枝は夫である明里の物語を語り出す。
けれど30年ほど前に明里はある『もの』を一枝に託し、姿を消したと一枝は森子に言う。
それは大きな『翼』だった。明里の背中にあった翼なのだと言う一枝に森子は愕然となる。
そんな森子に一枝はさらに続けた。
「明日が約束の日で、この翼を自分が背負えばふたりはもう一度、出会い直せる」明里と、
そう約束したのだと語る一枝だが、そんな話を森子は信じられない。
しかし翌日。一枝の話の真実を確かめるため再訪した森子は、大きな翼を背中に背負い、
海岸にひとり立ち尽くす一枝の姿を発見する。そして……。

  

監督のコメント

『たからもの』は現在と過去の境目がなく、お話が進行するファンタジーとなります。
演出をするにあたり、『日常の中にあるファンタジー』を描けるように考えました。

監督の経歴

日本大学芸術学部映画学科卒業。大学在学時より自主映画制作を始める。 テレビ番組のディレクターを経て、脚本家に。 代表作は映画『青鬼ver.2.0』『シンデレラゲーム』、テレビドラマ『大阪環状線』など。

スタッフ一覧

出演者
出演者1:亜湖
出演者2:野沢寛子
出演者3:岡崎森馬


 いながわ亜美 監督の作品一覧

受賞 作品名 監督名 上映時間 制作年 字幕 予告編 備考
 たからもの  いながわ亜美 15.1min 2019