Voice
〜伝える先に見えるもの〜

Voice~tsutaeru sakini mierumono~

本間 洸貴

HOMMA KOKI

上映時間 :27.10min

制作年 :2019


「多汗症」日常生活に支障を来たすほどの大量の発汗が生じる疾患だ。
根本的な治療法はなく、特効薬もない。
認知度が低く、周囲に理解されづらい事から、自らの病状を隠す患者も多く、
その特徴から多汗症は、「サイレントハンディキャップ~沈黙の障害~」とも呼ばれている。

そんな環境下に置かれた多汗症患者は、何を思っているのか。そしてどう行動していくべきなのか。
多汗症患者自らがカメラを回し、その実態に迫った。

  

監督のコメント

今回の作品のテーマである、多汗症。
私自身もこの疾病を抱えている一人だ。
この病気の認知度の低さを何とか変えたいと、今回の企画に至った。

当事者が監督となり、カメラを回したことにより、視聴者に訴えかける要素も大きくなったと感じる。
そのため、最も重要なシーンでカメラがぶれてしまったことも、一つの演出として修正せずに使用した。

当事者のみならず、行き詰まりや壁を感じている人々に『一歩踏み出す勇気』を与えたい。

監督の経歴

1991年生まれ 北海道千歳市出身
高校生の頃、映像制作に興味を持ち始め、趣味で映像制作を始める
映像のことをより深く学ぶため、大学では映像制作のゼミに所属
卒業制作では、コミュニティFMなどの”地域メディア”を追ったドキュメンタリー映像を制作

新卒で異業種の会社に入社するも、やはり映像をやりたいという気持ちから退職
2017年 ブライダル映像会社にて勤務
札幌を中心に、東京、大阪などでの婚礼も経験する

2018年 拠点を福岡に移す
福岡を中心に、九州地方で引き続き経験を積む

2019年 フリーランスとして活動開始
今までの経験を活かし、ブライダルを中心に活動を始める

撮って出しエンドロールの撮影・編集を得意とし、「気持ちが動いた瞬間を撮る・残す」をモットーに
活動しております。
ブライダル以外の映像にも積極的に挑戦

2019年6月、クラウドファンディングにて資金を集め、
ドキュメンタリー映像『Voice〜伝える先に見えるもの〜』制作開始
同年12月完成

スタッフ一覧

 


本間 洸貴 監督の作品一覧

受賞 作品名 監督名 上映時間 制作年 字幕 予告編 備考
Voice〜伝える先に見えるもの〜 本間 洸貴 27.10min 2019