blank13

blank13

齊藤 工

Takumi Saito

上映時間 :70min

制作年 : 2017

blank13公式ページ



(c)2017「blank13」製作委員会 配給:クロックワークス

音信不通だった父の死――。
13年間の空白は埋まるのか?実話をもとに描く、ある家族の物語。

ギャンブルに溺れ、借金を残して蒸発し、13年間音信不通だった父が余命3か月で見つかった。母と兄は見舞いを拒否したが、コウジは子供の頃キャッチボールをしてくれた優しい父を思い、入院先を訪ねる。しかし金を工面している父の姿に失望し、家族の溝は埋まらないまま、父はこの世を去った。葬式に参列するのは、数少ない友人たち。彼らが語る父のエピソードによってコウジは家族の誰も知らなかった父の真実を知り、13年間の空白が少しずつ埋まっていく……。

予告編


解説

特別ではないかもしれない、でも世界にたった一つしかない、家族の物語。ストーリーのもととなっているのは、齊藤監督の短編「バランサー」の脚本も担当した放送作家・はしもとこうじの実体験。真実から生まれた物語は、普遍的な家族の愛と憎しみ、人生の機微をじんわりと、でも確かな強度で浮かび上がらせ、観る者の心に深く迫る。

監督の経歴

2012年、ショートムービー『サクライロ』で監督デビュー。
14年、『半分ノ世界』(主演:井浦新)が15年の国際エミー賞デジタル部門ノミネート、セルビア日本交換映画祭アイデンティティ賞を受賞。以降『バランサー』(14)や大橋トリオMV(主演:村上淳)、ファッションドキュメンタリー『Embellir』等を監督、アニメーション企画など多種多様な映像製作に携わる。監督七作目にして初の長編となった本作は、上海国際映画祭をはじめとする国内外の映画祭で六冠を獲得するなど高い評価を受けている。昨年は権利フリーのクレイアニメ『映画の妖精 フィルとムー』で原案・企画・制作・声の出演・キャラクター命名をつとめた。次回監督作はHBOアジア制作の6ヶ国オムニバスホラードラマ『Folklore』で、日本代表の監督として選出されれるなど、他にも多数の映像作品の制作を準備している。また、映画に触れる機会の少ない地域の子供たちに映画を届ける移動映画館プロジェクト「cinéma bird」を主催、国内の被災地や途上国のマダガスカル、パラグアイでも活動した。白黒写真家としても、KinKi Kidsのシングル「薔薇と太陽」のジャケット写真を手掛け、フィガロ・ジャポンで話題のアーティストを撮り下ろす写真連載をもつなど多彩な活動を続ける。

キャスト・スタッフ一覧

[キャスト] 高橋一生/松岡茉優/斎藤工/神野三鈴/大西利空/北藤遼/織本順吉/ 村上淳/神戸浩/伊藤沙莉/川瀬陽太/岡田将孝(Chim↑Pom)/くっきー(野性 爆弾)/大水洋介(ラバーガール)/昼メシくん/永野/ミラクルひかる/曇天三男 坊/豪起/福士誠治/大竹浩一/細田香菜/小築舞衣/田中千空/蛭子能収/杉作J 太郎/波岡一喜/森田哲矢(さらば青春の光)/榊英雄/金子ノブアキ/村中玲子/ 佐藤二朗/リリー・フランキー 他

[スタッフ]原作:はしもとこうじ 脚本:西条みつとし 撮影:早坂 伸 
音楽:金子ノブアキ スチール:LESLIE KEE 主題歌:笹川美和