ego

ego

卓霈欣

CHO, PEI-HSIN

上映時間 :4.29min

制作年 : −


人々はさまざまな方法で経験したことを思い出します。
人は自然と自分の髪を梳く間に少しの脱毛のような変化を見いだします。
痛みを感じませんが、自分自身の一部が永遠に残っていることを確かに知っています。
それは、あなたが誰であるかを知った瞬間ですが、以前のあなたと同じ人ではなくなります。
蓄積され、社会化されたただの製品であり、蓄積と変容のプロセスは絶えず繰り返されていると私は思います。

People recall what they've experienced in different ways. They find their change, like a little bit of hair loss while combing their hair, which is natural - they won't feel any pain - but they know with certainty that some part of themselves is gone forever. That is the moment you find you are still who you, but no longer the same person you used to be. I think now we are just products, which are accumulated and socialized, and the process of accumulation and transformation repeats constantly.

 

監督の経歴

台北国立芸術大学を卒業し、アニメーションを専攻。
『ego』は卒業映画であり、2作目のアニメーション短編映画です。

Pei-Hsin Cho graduated from Taipei National University of the Arts, major in animation. Ego is her graduation film and also her second independent animated short film.