戦場へ、インターン

-

籔下 雷太

YABUSHITA Raita

上映時間 :30min

制作年 : 2017

©2017 VIPO

麗子は映画の撮影現場へインターン実習生として参加している。所属は製作部。ロケ弁発注や、車止めなど多岐にわたる仕事内容である。1カットに全てを懸け、不条理を飲み込む撮影隊に、麗子は馴染めないでいた。舞は新人女優として映画に挑んでいた。主演の重圧と、全く出ない監督のオッケー、そしてある悩みによって舞は自信を失っていた。或る日麗子は、出産間近の妊婦が乗った車を止めてしまう。鳴り響くクラクション、救急車のサイレン。撮影現場は中止に追い込まれる。麗子はインターンを続けられるのか。舞の芝居に監督のオッケーは出るのか。

監督の経歴

1984年京都生まれ。フォトグラファーとして活動する傍ら、ニューシネマワークショップにて映画製作を学ぶ。実習作品の「告白までたどりつけない」(2014)が第五回武蔵野映画祭にて審査委員特別賞を受賞。卒業制作の「わたしはアーティスト」(2015)が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて短編部門グランプリ、PFFアワード2015にて審査委員特別賞を受賞。

スタッフ一覧

製作総指揮:松谷孝征(VIPO理事長)、製作:特定非営利活動法人 映像産業振興機構(VIPO)、プロデューサー:石塚紘太、新井宏美、音楽:渡辺俊美、撮影:松本謙一、照明:鳥羽宏文、美術:布部雅人、整音:田中修一、録音:清水雄一郎、編集:普嶋信一、音響効果:堀内みゆき、衣裳:白石敦子、ヘアメイク:外丸愛、記録:北濱優佳、助監督:井手博基