ディヴォート

DEVOTE

田島基博

MOTOHIRO TAJIMA

上映時間 :74.28min

制作年 : 2016

29歳漫画家志望のナツオは近所のコンビニ店員ハルに恋心を抱いている。
ハルはギャンブル狂の父親のためアルバイトで家計を支えている。
しかし、父親の借金が原因でハルは風俗に身をやつす。
偶然ハルと再会したナツオは事情を知り、何とかしてやりたいと考える。
ちょうどその頃、売れない漫才師東田と南はコンビニ強盗を計画している。
ハルの借金返済の為、職も家も失ったナツオはその計画を耳にし、先に実行してしまう。
犯罪を犯したナツオはハルに一緒に遠くへ逃げようと持ちかける。

  


監督のコメント

ひたすらサイレント映画を撮ってきました。
現代でも受け入れられるかどうか挑戦していきたいと思います。

監督の経歴

1979年生まれ、東京出身。
2007年の大ヒット映画「クローズZERO」に演技事務として参加。
そこで知り合った役者の辻岡正人を主演、元AV女優の長澤つぐみをヒロインに劇場用長編第一作目「シルエット」を撮影。
モノクロ・サイレントという珍しいジャンルでラブストーリーを見事に表現させた。
2008年「シルエット」が渋谷アップリンクXにて異例の4週間レイトショー。
好評を博す。
2009年モノクロ・サイレントで劇場用長編第二作目「ボレロ」を撮影。
ヒロインに本格派女優の小嶺麗奈が出演。
その他、日テレジェニック2007の小田あさ美、特捜戦隊デカレンジャーの伊藤陽佑、第13回メンズノンノ・モデルの本多章一、欽ちゃんファミリーの斉藤清六が出演。
2010年3月「シルエット」DVD化。販売が始まる。
同時に全国のTUTAYA、ゲオにてレンタルが開始される。
短編第一作目「Strings」を撮影。モノクロ・サイレント。
主演は日テレジェニック2010の内田理央。 2011年 短編第二作目「FINE HORSE」を撮影。
モノクロ・サイレント。
2012年2月、「ボレロ」が新宿K’sシネマにて2週間レイトショー。
9月、短編第三作目「PLAY BOY」を撮影。
モノクロ・サイレント。
2013年6月「ボレロ」DVD化。
販売が始まる。
同時に全国のTUTAYA、ゲオにてレンタルが開始される。

スタッフ一覧

出演者
出演者1:片山享
出演者2:木嶋のりこ
出演者3:菅原大吉
出演者4:羽立喬介
出演者5:中川智明
出演者6:大迫一平

助監督:田村専一
脚本:田島基博
原作:田島基博

田島基博監督の作品一覧

受賞 作品名 監督名 上映時間 制作年 字幕 予告編 備考
  ディヴォート 田島基博 74.28min 2016