尊く厳かな死

death with dignity

中川駿

NAKAGAWA SHUN

上映時間 :59.52min

制作年 : 2015

ある日、母が転んで頭を強打、脳に重大な損傷を負い、そのまま植物状態になってしまう。
息子の直樹と娘の由佳、そして直樹の妻の綾子の3人は突然の出来事に驚き、悲しみに暮れていた。
そんな中、母が「尊厳死の宣言書」を作成しており、かねてから尊厳死を望んでいた事を思い出す。
直樹らは、母の尊厳死を受け入れるか否かの選択を迫られる。
直樹は、母がわざわざ書面にしてまで残していた意志を汲んであげようと、尊厳死の受け入れに賛成する。
しかし妹の由佳は、母は自分たちに迷惑を掛けまいと「遠慮」して尊厳死を望んでいたに違いない、と尊厳死の受け入れに反対する。
さらには医師までもが、措置を施せば延命させる事ができる命を前に、何もしないでただ「餓死」するのを待つということに難色を示す。
「お母さんを殺したら、一生恨む。」という由佳の発言を機に、直樹に迷いが生じる。
迷いが生まれた直樹は、果たして自分は本当に母のことを思って尊厳死に賛成していたのだろうか?
自分の手を煩わせたくなくて母を死なせようとしていたのではないか?という疑念が生じ、自分自身が信じられなくなってくる。
理性と感情の狭間で、葛藤する直樹らが出した答えとは?

  

予告編


監督のコメント

本作品は、私の祖父が尊厳死をした経験に基づいて製作されております。
奇しくも世間的に「尊厳死の法制化」についての議論が活発化してきている現在、この経験は作品として世に発信していく価値があると考え、今回の製作に至りました。
この作品を通じて、より多くの人に「尊厳死」について考えるきっかけを提供できればと思います。

監督の経歴

1987年、石川県生まれ。
2014年、『time』を製作。
第12回NHKミニミニ映像大賞120秒部門グランプリ受賞。
福岡インディペンデント映画祭2015 優秀賞受賞。
2015年、『尊く厳かな死』を製作。 第2回新人監督映画祭 中編部門準グランプリ受賞。

スタッフ一覧

出演者
出演者1:イワゴウサトシ
出演者2:松ア映子
出演者3:篠田光里
出演者4:中野健治
出演者5:満利江
出演者6:高橋弓利子

撮影:島大和
照明:滝吉健
録音:伊藤大地
助監督:島田かおり・呉羽文彦
制作:山野淳・反町智樹
衣装・小道具:石橋夕帆
特殊メイク:土肥良成・鈴木雪香・阿形純
記録:木村将人
車輛:北知治
音楽:AAAno
撮影協力:神谷正智・神谷正倫・川路拓真・堀越桐朗・
村上このみ・奥山竜輝・赤堀貴博

中川駿監督の作品一覧

受賞 作品名 監督名 上映時間 制作年 字幕 予告編 備考
FIDFF2016企画賞 尊く厳かな死 中川駿 59.52min 2015    
優秀賞 time 中川駿 2.38min 2014