吠えても届かない

SAD HOWL

マツムラケンゾー

KENZO MATSUMURA

上映時間 :80min

制作年 : 2013

青年・佑司(冨田佳輔)は、道重(佐藤二朗)が経営する居酒屋で働くアルバイト。
職場でも私生活でも、外部との接触を極力避けて暮らしていた . . .
が、ある日、犬を拾った事をキッカケに、紗季(六車奈々)という女性と出会う。
幼い頃に亡くした自分の母親を思わせる紗季に、母性に飢えながら育った佑司は惹かれていった。
だが、紗季の未来は暗く重い運命に塞がれていて. . . 。
佑司の運命をも狂わせて行き、暴力と恐怖に支配される社会の理不尽、不条理に直面する。

  

監督のコメント

「吠えても届かない」は、「社会と初めて触れ合いを持ち始めた青年」というフィルターを通して、社会というもの、現代社会を動かしている思想とは何かを描こうとしたものです。
僕の思う社会とは、暴力と武力、その恐怖によって抑圧され、理不尽と不条理がまかり通る歪んだ社会です。
映画の主人公の少年は、いまの子供達の象徴です。
子供達にそんな社会を残していて良いのか?そんな疑問をなげかけたつもりでした。

監督の経歴

今作が映画初監督作品

スタッフ一覧

出演者
出演者1:冨田佳輔
出演者2:六車奈々
出演者3:佐藤二朗
出演者4:鎌倉太郎
出演者5:ボンピレオ

出演者6:金子伸哉

脚本:マツムラケンゾー
プロデューサー:MIPO マツムラケンゾー
アソシエイトプロデューサー:原田耕治 佐藤正和
撮影監督:ふじもと光明
録音監督:植田中
作曲家:三善雅巳
編集監督:マツムラケンゾー

マツムラケンゾー監督の作品一覧

受賞 作品名 監督名 上映時間 制作年 字幕 予告編 備考
  吠えても届かない マツムラケンゾー 80.00min 2013