「戦争を知る」 

Know The War

吉田璃央

YOSHIDA RIO

上映時間 : 15.20min

制作年 : 2014

 二人の高校生は首相の靖国神社参拝が問題になっていることを知る。
靖国神社が当時の人にとってどんな存在であったかを知るため、地元福岡の戦時中の様子を調べ始める。
 彼女たちは大刀洗平和記念館を訪れ、そこで出会った戦争体験者の方にお話を聞いた。大刀洗は昔特攻隊の飛行場であった。
“御国のため”空や海で命をかけて戦った多くの男性の存在を彼女たちは知る。
体験者の口から、「次は靖国で会おう」と戦友と約束したということを聞き、彼女たちは靖国神社にはA級戦犯だけが祀られている訳ではないことを知る。
 戦争について調べていく上で、彼女たちは地元福岡であった福岡大空襲いついて何も知らないことに危機感を抱く。
体験者の方のお話を聞き、通学路として使っている場所も以前は焼け野原になった事を知る。
 大刀洗や福岡大空襲だけでも彼女たちが知らないことばかりだったことに気付く。
今年で戦後69年となり、今戦争体験の風化が刻一刻と進んでいることを彼女たちは自覚した。
そこで彼女たちは戦争体験者の話を受け継ぐため、これからも戦争を知っていくことが大切だと思うようになる。

    

監督のコメント

終戦から69年。
自分は戦争を知らないままではいけないと思い、老人ホームを訪れ戦争体験者の方から直接お話を聞かせてもらうようになりました。
そこで話される話は、TVや本で言われていたことそのままでした。
この時私は、私の中で戦争は教科書の中の暗記物の1つでしかなかった事に気付きました。
この話を多くの人と共有したい!戦争を知らないもっと多くに人にこの話を聞いてほしいと思い、映像制作に取りかかりました。

監督の経歴

吉田璃央(17歳)
筑紫女学園高校2年(現在)、生徒会議長
放送部に所属しています。主に朗読部門の読みを読んでおります。
高校2年生の冬頃から、老人ホームを訪れ戦争を体験された方にお話を聞かせてもらっています。
この大会にはプロを目指されている多くの方が出品される中で、私のような高校生が出品するのは間違っていると何度も考え直しました。
しかし、「戦争を多くの方に知ってほしい」この思いを果たすには多くの方に映像を観てもらえる機会がある、今大会に出品することが最善であると考え出品させていただきました。

スタッフ一覧

助監督:鹿末百合香
脚本:吉田璃央
原作:吉田璃央
撮影監督:吉田璃央
録音監督:鹿末百合香

出演者1:鹿末百合香
出演者2:松田愛理奈
出演者3:池田一彦(元零戦搭乗員)
出演者4: 上田弘司(仮名、元特攻隊員)
出演者5:松尾早苗(福岡大空襲体験者)

吉田璃央監督の作品一覧

受賞 作品名 監督名 上映時間 制作年 字幕 予告編 備考
  「戦争を知る」 吉田璃央 15.20min 2012